日本文化大学で学べること

日本文化大学とはどんな大学?

日本文化大学とは、東京にある私立大学になります。法学部法学科のみの単科大学となっていて、公務員を目指したいという人には最適な大学と言えます。
専門性を身につけるために2年次から志望進路に合わせて、履修モデルを参考に学習計画を立てることができ、効率的に学べるようになっています。
少し前までは日本の大学進学率は高いものではありませんでしたが、近年では大学で学ぶ人も多いです。そのため大卒という肩書きはあまり意味のないものとなっていて、各大学はそれぞれ特色を出そうと努力しています。日本文化大学も同様で、独特の特徴があるため入学したい場合にはそこもしっかりチェックすることが重要です。

日本文化大学の特徴とは?

日本文化大学の特徴は、警察官採用試験の合格者が多いということが挙げられます。法学部だけの単科大学ですが、1年次には高校レベルの基礎教育と日本文化に関する勉強を行ってから2年次に志望進路に合わせて専門コースを選べるようになっているという形式です。
学べる学問として、歴史・日本文化・法学・政治と政策・経済が充実して学べます。このような学問を身につけることで、国家公務員や地方公務員、警察官や消防士、刑務官など様々な職業を目指すことが可能です。

日本文化大学で学べることとは?

日本文化大学で具体的な学べることは、目指す進路によって異なってきます。
法律専門の職業を目指したいという場合には、法律専門職の先生から実務などを実践的に教えてもらえます。警察官・消防官なら刑事政策や危機管理などを学ぶと同時に、ITパスポートなどの採用試験で有利になる資格の取得も行えます。
公務員では、公務員に必要な行政法や行政学などを中心に学習でき、行政書士の資格も取得できるため就職の幅も広げられます。ビジネスに興味があるという場合には、民間企業で働くときに必要な簿記の知識や、経営に不可欠な法律の知識が得られます。

日本文化大学の就職支援してもらえることとは?

日本文化大学では、就職支援もしっかりサポートしてもらえます。入学直後から就職活動に直結するプログラムが組まれている上、きめ細かいサポートも行っています。早期から就職を意識づけが行われることで、学年が上がるごとに就職活動へ万全の体制で臨めるという仕組みです。
少人数だからこそ学校側も学生一人一人に目が届きやすく、就職率も高くなっています。
学生支援室も用意されていて、就職先の紹介から受験指導、面接指導など学生のサポートしてもらいたい部分をサポートしてもらうことができ、資格取得の支援も行っていて行政書士だけではなく、社会保険労務士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランニング技能士などの他、コンピュータ講座に英語受験講座など様々な資格講座が充実しているのもこの大学のメリットです。
中学校・高等学校の教員育成の教職課程も設置していて、教育に関して興味があるという人にも向いている大学です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です