日本文化大学のサポート体制

「充実したカリキュラム」

日本文化大学は警察官の合格率が、10年連続で日本一を記録しています。警察官への確かな道を誇っており、警察官採用試験に強みを持つのが大きな特徴です。その背景には試験対策プログラムの充実があり、学生の勉強意欲と併せて合格率の高さにつながっているわけです。その他の就職実績もアップしており、公式サイトには毎年新たな合格実績が掲載されます。当大学に入学した学生は、卒業する前に様々な学びや経験を積みます。それらの経験を基にして、社会へと巣立つわけです。それを支えるのが基礎教育や専門教育、ゼミやキャリア教育だと言えます。日本文化大学ならではの充実したカリキュラムが、学生の成長を確実に手助けするものです。

「フィールドワークが充実」

日本文化大学では日本の文化や伝統を重んじており、そこから深い教養を身につける人間教育を行っています。人としての教養だけでなく、品格が備わるようカリキュラムが組まれます。日本文化大学の卒業生がその有効性を証明しており、同大学の人材育成は各方面で高く評価されているのが分かります。本学は文科系でありながら、フィールドワークの充実が図られているのも強みです。座学中心の授業ではないので、頭でっかちの学生となる心配がありません。フィールドワークでこそ、学問の真の魅力を肌で感じられると言えます。法律を学ぶにしても、単に法律書を丸暗記すれば良いわけではありません。それを実際の生活に役立ててこそ、本当の学問になるからです。

「リーガルマインドが身につく」

日本文化大学は法学部だけが設置された、単科大学となります。法律は人間の生活や社会活動と、密接に結びついています。周辺環境が常に変化する現代では、法律の果たす役割は大きなものがあります。また、法律を社会生活に活かすには、日本文化に対する教養も不可欠です。教養を身につけたうえで法律を学ぶことで、豊かな人間性とリーガルマインドを身につけられると言えます。日本文化大学では学生の将来設計に応じて、「経営コース」や「公共コース」、そして「法心理コース」を用意しています。学生は自分の目標に向けて、必要な領域を効率的に学ぶことが可能となります。科目選択は柔軟に選択できるので、興味のある分野を専門的に深めることも可能です。

「きめ細かい支援が受けられる」

日本文化大学は学生の就職を全面サポートしており、将来の夢を実現する第一歩を応援しています。そのために資格取得環境を整えており、学生の希望に応じて多彩な資格取得支援を実施しています。基本的にやる気のある学生は、いつでも自由に学びの機会を受けられるというものです。就職に必要な資格の選定から、学習方法や試験対策まで、経験豊富な担当教員が親身に指導します。具体的な資格取得講座として、行政書士や社会保険労務士、宅地建物取引主任など豊富に揃っています。また、英検やTOEICなど汎用性の高い試験講座も用意されているのも魅力です。このように日本文化大学では、入学から就職に至るまで、きめ細かい支援が受けられるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です