日本文化大学の魅力的なゼミ一覧

日本文化大学の魅力的なゼミの仕組み

法学部の単科大学である日本文化大学には、魅力的なゼミの仕組みを設けています。まず一つのポイントが、幅広いテーマを扱い、参加するものを飽きさせない内容となっていることです。法律分野だけでなく、国際関係や文化・行政など、多彩な内容となっていることが、日本文化大学のゼミの特徴です。 また、日本文化大学のゼミは少人数制をとっていて、平均すると10名ほどの小規模編成となっています。そのため、広い教室で漫然と講義を受けるのではなく、教員とコミュニケーションしながら能動的にゼミに参加できるメリットがあります。また、日本文化大学のゼミは議論することに主眼が置かれます。そのため、自分で考えて発言する良い練習となり、このことは社会に出てからの有用な訓練となります。

日本文化大学を特徴づける少年法ゼミ

こちらのゼミでは、警察官採用試験に必要な指導を行います。特に、少年法の刑事手続きやその理念について発表形式で行うので、自由に討論し、発言することで学びを深めることができます。さらに、ゼミ合宿では少年院や鑑別所、警察本部に実際に見学に行くことで得られるものも多いのが特徴です。実践的な内容を扱うことで、早いうちから就職活動を意識し、責任感や行動力を身に着けられる点が利点です。

警察官になる学生を強く意識したゼミ

法学部の日本文化大学では、警察官を志望する人が多いため、警察官になる学生を意識したゼミが多く開かれています。その一つが「コミュニティ政策」です。警察官として地域住民を守るためには、地域のコミュニティを理解し、自分たちの役割を正しく考えていくことが大切になります。その点、こちらのゼミでは、国や自治体の取り組みを理解したり、コミュニティのあり方の歴史を学ぶことができます。さらに「警察行政」では、犯罪捜査や人身の安全、国際テロなどの警察活動の変化やあり方を検討します。警察の役割は一定ではなく、時代や情勢に合わせた変化が求められることを理解する助けとなるゼミです。「刑事法」では、具体的な判例を用いて刑事法を学び、基本的な理論とともに応用力を身に着けられるようにしています。

その他の法律や取り組みを学ぶゼミ

日本文化大学で法律的な専門性を探求できるゼミとして、「家族法」「国際法」「民法(債権法)」「憲法学」「法心理学」などがあります。これらでは、法律の視点に立って考えるための思考力を培い、多角的に物事を見る仕方や法律の運用についての検討を行います。さらに、人々のものの見方を知るのに役立つゼミとして「アジア文化論」「教育行政学」「スポーツ行政学」「スポーツ政策」「スポーツ情報科学」「文化景観」があります。異文化の人々の宗教や衣食住などを深く知ることで相互理解を高めたり、国が行う教育やスポーツ分野での事業から見える意義や課題を深く考えます。また、「有職故実」では、先人たちの教えから現代社会に必要なことを学び、社会に役立つ人物像について考察することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です