警察官採用率が全国でトップの日本文化大学

日本文化大学の特徴とは?

日本文化大学は、略してニチブンとの愛称でも呼ばれている私立大学で、一番の特徴は警察官採用試験に強い点があります。創立以来、就職先には公務員、なかでも警察官になる方も多く、卒業後でも全国の警察組織でも活躍しています。
その警察官採用が全国の大学の中でもトップである理由には、採用試験対策にも優れているためで、学生時代からその対策で学習できる点があります。しかも警察官になるんだという目的意識の高い学生が多いことが、そのまま採用率のアップにも繋がっております。
もちろん一部には警察官以外の就職先に勤務されることもあるので、一概に言うことはできませんが、警察官になりたい方は日本文化大学に進学することはメリットが大きいです。キャンパスは東京の八王子市片倉に存在し、片倉駅から徒歩で約7分の立地にするので通学しやすいのもメリットとなります。
距離のある千葉や埼玉からも通われる学生も、よく見ることができます。法学部の法学科のみしか学部・学科が見られないことで、法律に明るい人材の養成を目指している点もあります。

日本文化大学のルーツは「柏樹書院」

日本文化大学のルーツは、室町時代に設立された学塾である「柏樹書院」であり、歴史が存在します。史学や法学、政治学を学塾では教えていた経緯があります。
その「柏樹書院」の24代当主である蜷川親繼が「手作り教育・徹底した少人数制教育」を目指して創設し、建学精神には恩愛禮義・清明和敬・重厚中正・祖風継承です。日本文化大学では、日本文化・伝統を学習できる他に法律を学び、資格取得にも強く、就職指導も丁寧に行うことをモットーにして、学生生活の充実を目指しています。

日本文化大学の教育におけるメリットは

日本文化大学の教育では、学生の指導に当たる教授は出身大学に囚われることもなく、論文などを執筆される教授陣が多いのがメリットです。そのため学問の本質的探究を図ることが可能で、実務界にも通用する事柄を学習できます。
また日本古来の伝統を重んじることで、それに対する敬虔な気持ちによる情誼的な教育も行うことで人に対する敬う気持ちを育むことも目的にします。つまり単なる学問の習得だけでなく、人格面においての完成を促す教育を行っている点もメリットがあります。

手厚い就職支援

一年次からキャリア支援プログラムを策定し、それに基づいて資格取得などの面でも就職力の向上を図っています。マンツーマンによる手厚い就職指導を行うので、卒業後に活躍をする分野が広がっているのは確かです。
就職先の選定は学生の個人的な意志に委ねられる点はありますが、それをバックアップできる体制が整備されている点があります。そのため早い段階から就職指導を行うことで、他大学にはないキャリアアップのアドバンテージを得ることが可能です。
個別指導・面接指導を就職が決まるまで念入りに行ってくれることもあり、卒業後の進路が決定しないケースはほとんど存在しない点もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です