日本文化大学は電報で合格発表をする

日本文化大学は電報で合格発表をします。
ところで皆さんは電報についてどこまでご存知でしょうか?
ポケベルや使い捨てカメラを知らない世代だと、
電報についてほとんど知らないかもしれませんね。
しかし電報はそうした歴史の遺物ではなく、
今も現役で使うことが出来るのです。
日本文化大学のような法人だけでなく、
民間人だって私的利用として普通に電報を使うことが出来ますよ。

昭和中期以降に生まれた方で、電報の存在を初めて知ったのは
「となりのトトロ」ではないでしょうか?
当時は電話がまだ貴重で、緊急の連絡手段は電報が主体でした。
郵便による手紙のように、電報で知らせていたのです。
しかし、電話が普及したことにより、
電報はほとんど過去の遺物として扱われるようになりました。
今では、能や歌舞伎、茶道のように、
日本の文化として電報を使うことが多いです。
日本文化大学は古き良き日本の文化を守ることを主軸にしているからこそ、
電報で合格通知を送付しているのです。

電報にもいくつかの種類があります。
日本文化大学やとなりのトトロが使用したのは「通常電報」というものです。
そのほか、新聞電報というのも存在します。
新聞の紙面にメッセージを記載して、
遠く離れた相手に情報を伝えることが出来るのです。
相手が毎日新聞を隅々まで読んでいれば、
こうした伝達手段はかなり有用ですが、今の新聞の購読率を考えると、
新聞電報は完全に廃れていると言えます。
新聞電報もどこかのアニメ映画に登場していた記憶があるのですが・・・
完全に忘れてしまいました。
確か、ホームズ作品で新聞電報を使って
犯人をおびき出す作戦があったような気が・・・。

電報の利点ですが、未読スルーを防ぐことが出来ます。
郵便物のように、しっかりと相手にメッセージを届けることが出来るのです。
漫画家は締め切りが近づくと、電話線を抜いて、携帯電話の電源を切ります。
そうした相手にも確実にメッセージを届けるためにも、電報は有用なのです。
漫画家も宅配便だけは受け取ることは多いですよ。

しかし電報は骨董のように実用性が薄いものとして扱われています。
電話が無い世帯には有用ですが、今の時代、そうした方は皆無だと言えます。
そもそも、電話代が払えないほど貧乏だと、学費すら納めることが出来ません。
実際のところ、日本文化大学が何故、
電報という時代に取り残された遺物を使っているかは分かりません。
いくら日本文化大学が日本の古き文化を大事にしているとは言っても、
電報はかなり非効率的です。
専用のサイトを作って、
ネットから確認できるようにしている大学は非常に多いと思います。

それとも、ネットで情報を開示すると、
不正利用されることを日本文化大学は危惧しているのかもしれません。
高校受験の話ですが、かつて、自分の子供の補欠合格を繰り上げさせるために、
合格した家の親を装って他人の子供の内定を勝手に辞退させたケースがありました。
受験番号を含む個人情報を手に入れるだけで、
誰でも簡単に内定を取り消させることが出来たのです。
そうした犯罪を防ぐためにも、
日本文化大学は敢えて電報という形を取っているのかもしれません。

日本文化大学の就職支援について見てみよう

大学は元々、研究機関でした。
しかし今は「就職予備校」としての色合いが強いです。
しかも企業の多くが「学部学科不問」で採用するようになり、
大学は最早コミュニケーション能力を鍛える
「社交界」のような場所になっているかもしれません。
真に学問を修めたい方が、海外に留学したくなるのも納得ですね。

日本文化大学も就職予備校としての色合いが強いです。
しかしそれはニーズに合わせているからだと言えます。
研究機関では、今の大学経営は生き残ることが出来ませんので、
しっかりと消費者(学生)の要望を叶えるために、
就職支援に力を入れているのです。

具体的には日本文化大学は、早くから就活指導を行っています。
大抵の大学が3年の4月からスタートするのに対し、
日本文化大学は1年の4月から「就職対策特別講座」や
「教養科目模擬試験」を随時行っています。
就職内定者によるアドバイスを行う
「スペシャリストセミナー」も開催していますよ。
警察官OB・OGやビジネスの最前線で活躍する
実務家を講師に呼んで行うセミナーは、かなり役に立つと評判です。
また、クレペリン検査試験やNAAIPテスト(適職診断テスト)も
受けられるのは嬉しいです。

そもそも、日本文化大学は警察官を目指す方が集まる大学とも言えます。
入学者の4分の3はAOで入ってきており、
その願書を出す時点で将来なる仕事を見据えているのです。
目標が高3の時点で確定していますので、
それに対する準備も早くから行うことが出来るのです。
特に公務員試験の準備は1~2年掛かるとも言われています。
大学3年の春から始めようとしても、試験に間に合わないことは多く、
現役で内定を勝ち取る大抵の方は1年の頃からコツコツ準備しています。
日本文化大学も公務員合格を目指して、
かなり早い段階から試験対策をすることが出来ますよ。

また、日本文化大学の真骨頂は個別指導にあると言えそうです。
警察官OB・OGが多いということは、
合格した前例をそれだけ多く確保していることを意味します。
面接でどのようなことを聞かれるかも、
学生支援室でアドバイスを受けることが出来ますよ。
日本文化大学の教授陣には、前職が警察官の方が多いので、
アドバイスを聞ける機会はかなり多いと思います。
インターンシップも幅広く用意していますので、
仕事というのを身を持って体感したい方は、
この制度を利用するのも良いですよ。
日本文化大学は一般企業だけでなく、
官庁へのインターシップも取り扱っています。

日本文化大学のセンター試験利用入試について

来年のセンター試験の日時は、1月13日(土)、14日(日)です。
多少前後しますが、毎年、週の真ん中くらいに開催されます。
個人的には、その日に限ってよく雪が降っているイメージがありますが、
実際はそんなに頻繁に雪は降っていません。
そして、センター試験の申し込みは学校側が全部やってしまうことが多いです。
個人が個別に申し込むというのは、あまりないと思います。
出願時期も毎年微妙に変動しますが、
次回の分は9月26日(火)から10月6日(金)までとなります。
忘れたら大変ですね。

さて、日本文化大学も当然、センター試験に対応しています。
その科目ですが、日本文化大学は「現代文」を必修とし、
「英語」「地歴」「公民」の3つの内どれか1つを選択します。
英語が苦手な方でも日本文化大学は入学できる可能性を秘めているのです。
なお、センター試験は「英検2級以上持っていれば、
英語科目は免除」というのをやっていません。
一般入試と違って、3つの選択科目の中から
1つを選んで受験しないといけないのです。
そして日本文化大学は一般入試でもセンター試験でも面接を行います。
法学部ですが、医学部のように日本文化大学は
全ての入試形式で面接を行っているのです。

幸い、日本文化大学はセンター試験利用入試を5回分用意しています。
一番遅くて3月3日(土)なので、かなり猶予があると言えます。
私立でしたら2月の末くらいには結果が出ていることが多く、
滑り止めとして日本文化大学を受験するのもアリと言えそうです。
なお、選考日(面接日)の翌日に結果が分かるというスピード対応です。
金融機関の書類審査と違って
ダラダラと時間を掛けないのはありがたいですよね。

ただし、日本文化大学でセンター試験を利用する方はかなり少ないです。
と言うより、4分の3の生徒は推薦(AO含む)にて入学します。
去年の例を見ると、センター試験は「募集:15人」
「受験者:18人」「合格:14人」になります。
合計215名の合格者が居ましたが、
ほとんどの方はセンター試験を利用しないのです。
ちなみに一般入試は定員割れを引き起こしていますが、
それを補うほど推薦入試に人が殺到し、99%の率で合格しています。
AOは募集人数50人に対し、92人も合格していますよ。
日本文化大学に入るなら、AO入試が確実と言えそうです。

そんなセンター試験もあと3回で終わります。
現在の中3の世代からは、全く新しい分野のテストに切り替わります。
英語だけは、5年までは従来式と併用するそうですが、
今までとは違った対策をしないと、
テストで良い点を取れないのは確実のようです。

日本文化大学の特徴は警察官になりやすいということ

「この大学は他と違って○○が特徴です」
とした場合、日本文化大学は何が特徴となるでしょうか?

日本には数多くの大学があり、
最早飽和状態で定員割れを引き起こしている状態です。
それら有象無象と差別化を図るなら、
何かしらの特徴を持たせないといけません。
なお、偏差値を特徴に挙げたくなりますが、
偏差値は特徴ではなく結果です。
アイドルの特徴だって「○○の特徴は人気が高い」なんて言いませんよね?
「歌が上手い」とか「かわいい」とか
「トーク技術が良い」とか「一生懸命さが伝わる」とか、
何かしらの特徴がある筈です。
人気の高さは結果論なのです。

となると、日本文化大学の特徴には何があるのでしょうか?
カリキュラムに注目したいところですが、
カリキュラムの内容でナンバーワンを目指すのはかなり難しいでしょう。
むしろ、他者に説明がしにくい領域になります。
例えば、リンゴで「紅玉と美丘、どちらが旨い?」と訊かれても、
絶対評価など分からず、個人の感想しか言えません。
私たち人間は、数字で説明できないものを他者に
“分かりやすく”伝達する手段を持ち合わせていないのです。

となると、分かりやすい結果を示すべきと言えます。
リンゴで例えるなら「売れ行き」「糖度」「値段」「手に入りやすさ」などで
勝負するのが良いかもしれませんね。
では大学の場合、どんなもので差別化できるかと言うと、
最も多くの方が気にしているのは就職状況です。
卒業しても就職できなかったら、その大学に入る意味はほとんどありません。
そして日本文化大学は就職に関して最たる特徴を有しています。
それは「警察官合格率が日本一」という特徴です。
合格数でしたら、生徒数の多い日本大学や国士舘大学がトップクラスですが、
パーセンテージで換算するなら、日本文化大学が文句なく一位です。
と言っても、分母(受験者数)を公表していませんので、
実際の合格率は不明です。
それでも、昨年は在学生の3分の1が警察官になったことを考慮すれば、
文句なしに誰もが認める「日本文化大学は警察官になるための学校」となるでしょう。

就職状況もある意味結果論なので、
これもまた日本文化大学の特徴とは言いにくいかもしれません。
しかし、その結果を導くにはれっきとした根拠があります。
日本文化大学は警察官になるためのカリキュラムが非常に充実しており、
専門学校に行くよりも高度に学べると評判になっています。
警察官を目指すなら、日本文化大学を選ぶのは如何でしょうか?

日本文化大学の教授陣は元警察官がとても多い

天下りは悪だと一般的には言われていますが、
それは癒着と無能の2点が問題視されているからです。
むしろ逆に、学校機関への天下りはパイプ作りに有用ではないのでしょうか?
教員同士ではイザコザがあるかもしれませんが、
そこで勉学に励む学生としては、
癒着があった方がコネを作りやすいと考えているかもしれませんよ。

日本文化大学は元警察官の教授が多いと話題になっています。
所謂、天下りのようなものですが、一回別の会社で働いて、
そして日本文化大学に流れ着いているので、あまり天下りっぽくないですね。
そもそも教授になるには、いくつか学会発表しないといけませんので、
無能な教授は皆無と言えます。
ただし、研究者として優れているのと、
指導者として優れているかは完全に別問題なので、
そのあたりは難しいところと言えます。
その教授の下で学問に励む以上は、
可能な限り指導力に定評のある方につきたいものですよね。

具体的に日本文化大学の教授の誰が警察官かは不明です。
一応、現学長はかなり有名なお方で、
北海道警察の本部長を務めた経歴を持っています。
むしろ、これくらいの経歴の持ち主でないと、
履歴を調べるのは難しいと言えそうです。
前学長も、鳥取県警察本部長をはじめ、
いくつかの警察関連の重職に付いたお方です。
しかし、あまりのキャリアなので、
一般的な警察官の参考にはならないかもしれません。
日本文化大学を卒業する方で警察官になる方は、
各県警と警視庁へ所属します。
警察庁になった方は居ない模様です。

むしろ警察庁へ入るには、
東大を首席で卒業する必要があるとも言われています。
トップオブエリートだけが、その道に進み、
警察組織における重要な役職に付けるのです。
完全に天上の世界なので、日本文化大学に所属している方の多くが
そこまで高望みしていないと思います。
まだ、年収1000億円の会社を起ち上げる方が、難易度としては優しいです。

日本文化大学には元警察官が多いですが、その利点はやはり、
就活におけるアドバイスが聞きやすいというのがありそうです。
警察官採用試験をどのように突破し、そして警察学校でどのように過ごして、
実際にどのような職を全うしたかを聞くことが出来ます。
大学によっては一度も社会に出ずに「院生⇒講師⇒教授」となる方もいますので、
実際に警察官として働いていた方のアドバイスを聞けるのは、
かなり便利と言えるのではないでしょうか。

ただし、日本文化大学の教授陣は40~60代ばかりなので、
警察官採用試験を受けたのは30年前になりそうです。
あまりに古すぎて参考にならないかもしれません。
その代わり、日本文化大学は定期的にOB・OGの現役警察官を招いて、
懇親会や相談会を開催しています。
警察官の生の声を聴ける機会は、他の大学よりもかなりあると思いますよ。

日本文化大学の評価基準

大学の評定は上から順に、S、A、B、C、そしてDとFがあります。
DとFですが、筆者の大学のケースでは、
Dが普通に不可ですが追試のチャンスが与えられ、
Fは追試すら受けさせない、というものだと思います。
確か、授業を全部休むとFが付くと聞いたことがあります。
筆者は一回もFを取ったことがありませんので分かりませんが、
D以外の不可のケースも大学によっては存在するのです。

では、日本文化大学はどうでしょうか。
評価基準に関しては、日本文化大学はしっかりと明記しています。
S(秀)が100~90点、A(優)が89~80点、B(良)が79~70点、
C(可)が69~60点、D(不可)が59点以下です。
そしてこの点数ですが、
日本文化大学のカリキュラムによって採点基準が異なります。
欠席点を加味するか、提出するプリントの配分をどうするか、
小テストを含めるか等、授業ごとに異なります。
定期考査のテストで満点を取っても、Sを取れるとは限らないのです。

ところでちょっと気になることとして、
日本文化大学は何人までS判定を出しているのでしょうか?
筆者の大学は明確に「最大で5人まで」と定義していました。
最大なので0人のケースもあります。
日本文化大学も5人までなのか、それとも無制限に出しているのか、
そのあたりかなり気になります。
加えて、実技系の授業の評価の仕方もかなり気になります。
筆者の大学は実技系の大学でしたので、
評価の付け方はAかDしか存在しませんでした。

と言いつつ、そこまで難しいものではありません。
多分、出席さえすれば誰でもAは取れますよ。
ただし、山奥での実習なので
「最後まで生き残る」のが条件になります。
風邪を引いて途中でリタイアしたら、
来年もその授業を取らないといけなくなります。
日本文化大学は文系なので、こうしたアウトドア系の実習はありませんが、
ゼミなどの評価の付け方はかなり気になるところと言えるでしょう。

こうしたAやBの数は、就職活動でかなり使われてしまいます。
一流の大企業に挑むなら、やはりオールA以上は取りたいところです。
日本文化大学は警察官になるための学校ですが、警察官採用試験においても、
この成績表は判断材料にされてしまうと思いますよ。
あんまりCだらけだと、それだけで落とされてしまうかもしれません。
特に、ゼミとかでCでしたら、審査員は眉をひそめてしまうかもしれませんよ。
そうならないためにも、日本文化大学の授業は真面目に受けましょう。

日本文化大学はこんなとこです

「日本文化大学ってどんなとこ?」と問われても、
言葉で説明することは出来ません。
警察官になるための学校というような、表面的なことは言えますが、
校風や雰囲気、教授陣の気難しさ、他の学生が毎日何をしているかは、
実際に本人が見てみないと決して実感できないでしょう。

そこでオープンキャンパスに行きましょう。
実際に行かないと分からないのなら、実際に行けば解決します。
また、AO入試は「必ず一回以上は日本文化大学を訪問する」のが条件になっています。
と言うより、願書は直接、受験者が取りにこないといけないのです。
遠方にお住いの方も、
何とか都合を付けて日本文化大学に一度くらいは行きましょう。

オープンキャンパスで分かることはとても多いです。
まず、日本文化大学までの経路が分かります。
どの駅で降りて、どの道順で日本文化大学に付けるのかを、
その身を持って体感することが出来ます。
一般入試の場合、試験は日本文化大学で行いますので、
迷子になって遅刻しないためにも下見は必須です。

そして訪問する時期も重要です。
7月や8月に行けば、真夏の東京の辛さを実感することが出来るでしょう。
実際には、日本文化大学があるのは八王子なので、
23区の方に比べれば、やや涼しいと言えます。
どれくらい汗をかいて日本文化大学まで辿りつけるかを知るのも、
熱中症対策として重要ですよ。
耐えられないようなら、来年の夏に向けて今から筋トレしましょう。

また、教授がどんな方なのかは実際に会わないと分かりません。
これに関してはネットの口コミでも情報収集は不可能です。
むしろ、ネットの口コミに教授の性格が隅々まで記載されてあったら怖いです。
たった1日では教授全員とお話できませんが、
どんな人がいるかその目で確認するだけでも有用ですよ。

他にも調べておきたい日本文化大学の施設は多いです。
学食はどれくらい豊富か、トイレはどれくらい綺麗か、
エアコンの空調はどれくらい寒いか、休憩室はどれくらい寛げるかなど、
勉強に関する以外の項目もしっかりと調べておくのが有用と言えます。
これから日本文化大学に4年間通う事になりますので、
これらの情報収集は絶対に必須なのです。

また、先輩に話を聞くのも大事です。
大学生活は初めてのことばかりなので、
しっかりと先輩から「転ばぬ先の杖」として指南を受ける様にしましょう。
オープンキャンパスでは、先輩から話を聞ける時間帯を十分設けていますので、
しっかりと話を伺いましょう。

日本文化大学はセンター試験でも入れる

筆者が入った大学はセンター試験に対応していなかったので、
普通に一般受験で入学しました。
高校3年の前学期で志望校が決まっていない生徒は割と珍しくなく、
筆者もその内の一人でした。
でも、センター試験の申込は6月くらいでしたので、とりあえずの意味合いで、
筆者はセンター試験を“記念受験”しました。
センター試験中の空き時間を利用して、第一志望の赤本をしていたくらいです。
ちなみにその大学がセンター試験に対応し始めたのは、翌年になります。

日本文化大学はセンター試験でも入ることが出来ます。
その対応科目は、近代以降の国語(現代文)をひとつ、選択として地理、
日本史、世界史、公民、英語から1科目の計2つのテストの点数を選択します。
選択次第ですが、英語が不要なのは珍しいですよね。
ただし、日本文化大学の最大の特徴として、
どんな入試形式であっても必ず面接を課します。

推薦入試はもちろん、
一般入試やセンター試験利用入試でも必ず面接を行うのです。
「この点数を取ったから必ず入れる」というものではないのです。
それゆえ、日本文化大学のセンター試験利用入試には
3つの選考日が用意されています。
より正確には、面接日と言えそうです。
一番早くて2月6日(火)、遅くて3月6日(火)になります。
全部で5回の募集区分があり、どれも翌日には合格・不合格が分かります。
併願を考えている方にはありがたいと言えますね。

しかしセンター試験はあと3回で終わります。
現在、中学3年生の方は、全く新しい技能試験にて合否を下されるそうです。
具体的にどんな内容になるか、試験日はどうなるのかは不明ですが、
今から対策しておいた方が良いかもしれませんね。
噂によると、内申みたいに高校1年からの成績が反映されるとか無いとか?

その場合でも日本文化大学でしたらやはり、
現代文をはじめとする文系の科目が採用され、
かつ面接は必ず実施すると思います。
警察官を目指すなら、
高校に入った段階からしっかりとそれに備えるのはいかがでしょうか。

日本文化大学の入試要項について

日本文化大学の入試要項がもう公式サイト上にてアップされています。
早いような気もしますが、試験はもうすぐそこまで迫ってきているのです。
特に推薦入試を考えるならば、今から対策をしても遅いくらいです。
高校1年1学期からの内申で審査されるため、
高校入学時から内申稼ぎに精を出す必要があると言えます。

日本文化大学の一番最初の試験は、8月27日(日)です。
警察官志望AO入試の第一期で、夏休みが終わる直前に試験があり、
また合格発表も8月中です。
手続きの締め切りが9月8日(金)というスピード対応になります。
そのAO入試の試験内容ですが、実質、800文字小論文がひとつだけです。
出願書類と面接がありますが、こちらはオマケのようなものになります。
とりあえず、小論文の対策をすれば、99%の確率で合格できると思います。
実際、去年の合格率を見てみると、本当に99%です。
落ちた1名がちょっと気になりますね。
対策を全くしなかったということでしょうか。

日本文化大学のAO入試を受ける条件はいくつかありますが、
基本的にはどれも建前です。
とりあえず、第一志望でしたら、誰でも出願することが可能です。
その代わり、必ず一回以上はキャンパスに訪問する必要があります。
むしろ、そのキャンパス訪問で出願書類を手に入れる感じになります。
日本文化大学の第一回オープンキャンパスは5月14日(日)にありますので、
この大学を第一志望に考えている方は、
この日に行ってみるのはいかがでしょうか?

日本文化大学の入試は多彩です。
AO入試は「警察官」と「公務員」の2つがあり、
他にも一般推薦、指定校推薦、自己推薦といくつもあります。
むしろ、これらの違いをきちんと説明できる方はどれだけいるのでしょうか?
指定校推薦の違いは分かりやすいですが、AO、一般、自己の違いは
筆者でも良く分かっていません。

おそらく、出願に必要な内申ポイントや試験内容が変わると思いますが、
その詳細まではアンノウンです。
具体的に何が必要かは、
日本文化大学のオープンキャンパスの時に訊いてみてください。

日本文化大学のオープンキャンパスで分かること

日本文化大学はオープンキャンパスを年に複数回開催しています。
大体、5月~10月までで、計8~10回くらい開催するのではないでしょうか。
今年は計9回の開催の模様です。
公式サイトのトップページに告示されていますので、ご確認お願いします。

日本文化大学のオープンキャンパスの内容ですが、
実はまだ何をするか分かりません。
開催まであと1ヶ月を切っていますが、
具体的に2017年のオープンキャンパスでは何を実施するか、
知らされていないのです。
ただし、去年と大幅に変わることは無さそうです。
去年を例に取ると、「OB・OGの警察官によるトークショー」「模擬裁判」
「在学生による校内案内」「質問コーナー」「入試説明会」を実施していました。
恐らく、今回もこれらのことを行うと思います。
仮に変わる部分があるとするなら、ランチでデザートが付くぐらいでしょうか?

そしてこの入試説明会が一番重要です。
日本文化大学のAO入試は、必ずオープンキャンパスや校内見学会に参加して、
試験内容を教えてもらう必要があります。
簡単に言えば、願書は現地に行かないと手に入らないのです。
センター試験とか一般入試でしたら、郵送でも大丈夫ですが、
AO入試だけは受験生本人が直接、日本文化大学の先生と面談して、
願書を受け取る必要があるのです。
それゆえ、オープンキャンパスのチャンスは9回もあります。
それを逃しても、校内見学会は授業がある平日毎日(土曜含む)やっていますので、
チャンスは割と多いと言えます。

日本文化大学のオープンキャンパスはすべて休日に開催されます。
日曜日、もしくは夏休み中に開かれます。
なので、高校生は参加しやすいと言えるでしょう。
と言いつつ、受験を控えた高校生は、日曜日と言えども暇ではありません。
塾とかにも通わないといけませんので、なかなか予定が合わないのではないでしょうか。
夏休み前だと、部活で忙しいかもしれません。
何とか予定を見つけて、日本文化大学のオープンキャンパスに参加してください。