日本文化大学のシンボルマーク

日本文化大学のシンボルマークを一言で表すと「N」になります。
頭文字をモチーフにしたもので、左の垂直棒と斜め棒が赤色、
右の垂直棒が青色でその上に黒の点が付いています。
この色にもそれぞれ意味があり、赤は教育を、青は人間を、
黒は人格を意味します。
赤と人材教育を結びつけるのは難しいかもしれませんが、
赤色が持つ心理効果に興奮作用があります。
闘牛で赤いマントをひらひらさせますが、アレは人間にも有効です。
エネルギーを感じさせる色になり、エネルギーは成長に欠かせないものです。
赤は活動的、積極的、勇気を意味し、
人材教育を連想させるのに有利な色と言えそうです。

一方で、青色は鎮静作用があるとされます。
落ち着かせる色ですが、他にも、生命の源である海を示す色でもあります。
生命を意味し、それゆえ、人間を示すのに相応しい色と言えそうです。
黒色は権威や重厚感を与えるイメージがあります。
日本のスーツで黒が多いのも、そうした目的がありそうです。
威厳を表すのに最適で、日本文化大学は人格を意味するのに黒を使っており、
これは「威厳のある人格」を意味しているのかもしれませんね。
それと日本文化大学はこの黒を点(丸)で表しています。
この形にも意味があり、丸は「和」や「敬」を意味します。
人材教育、人間、威厳のある人格、
そして和と敬う心を持つことを日本文化大学はシンボルマークに込めているのです。

世界にはたくさんのシンボルマークがあります。
大雑把に見れば、日本文化大学は「N」一文字のシンプルなデザインです。
探せば、これに似たシンボルマークもきっとある筈です。
しかし、そう簡単には見つかりません。
長岡技術科学大学も頭文字を取って「N」にしていますが、
2つの柱は共に水色で、斜め棒はブーメランの様な軌道になります。
少なくとも、日本文化大学とは全然違うデザインになります。
民進党のロゴは青と赤ですが、こちらはどちらかと言ったら「M」です。
黒い点もありませんので、日本文化大学のロゴと間違う方はまず居ません。
日本大学や長崎大学、鳴門教育大学など、
頭文字がNで始まる大学はとても多いですが、
どこも特色ある色使いとデザインにより、間違うことはほとんど無さそうです。
やはり、日本文化大学に似ているシンボルマークを探すのは
一筋縄では行かないみたいです

シンボルマークは色々なところで使われています。
大学、企業、自治体などなど。
世界に何個のシンボルマークがあるか分かりませんが、
軽く1億は超えているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です